音楽仲間をつくるには?(ジャムセッションでのコミュニケーション)【質問箱まとめ】

こんにちは!ギタリストの溝下優也です!

僕の運営するYouTubeチャンネル「Zギターチャンネル
そのツイッターアカウントにて
匿名での質問が気軽にできる「質問箱」を設置しております。
今日もお寄せいただいたご質問と僕の回答をご紹介します!
(今回長めの回答になりましたので再編して目次をつくりました。)

Q.音楽仲間をつくるには?

なんだかめちゃ気持ちが分かるので
これも長めの回答になってしまいました。
悟空に対するクリリンみたいなことですよね。

かつては僕もそういう存在を求めていました。

間違ってたらごめんなさい…

でもそれってつまり、平たくいうと
共通のテーマをもつ友達がいない
というお悩みですよね?

結論から書くと
「コミュニケーション能力を育てよう」
ということに尽きるのですが

まずはあなたから歩み寄って
人に会いに行きましょう。
最初から待っていてもダメです。

ネットで知り合って実際に会いに行く。
少し前の時代は抵抗がありましたが
今の時代、割と当たり前にみんなやってますよ。

これだけでつながりは増えます。
何も世にはジャムセッションをする音楽家だけじゃないです。

まずはツイッターでいいです。
この人の曲や演奏がいいな!
この人の考え方や発言がいいな!

と思った方にいいねだけでなく
感想などをリプライで飛ばしたりして
まずは自分を覚えてもらえるように努力してみては?

いきなり会って自己紹介…よりも
「ツイッターでよくリプライくれる人」
と認識されてる方がスムーズに話せると思います。
お互いプロフィールや動画などで
顔出ししていればなおさらです。

あとは自身の発信活動をして
自分はプロとしてこういうことを軸に
こんな活動をやっている
ということが伝われば
向こうもなんらかのリアクションを返してくれると思います。

(もちろん相手にすらしてくれないこともあります!笑
その辺は空気を読んで…!)

相互フォロー関係になれば
DMを送ることができるので
相手のライブなりオフ会なりに行って
実際に声をかければいいと思います。

(それで思ってたのと違う…!
なんて事もあります)

もちろん
あなたがジャムセッションに興味があれば、
一気に素晴らしい演奏家たちと知り合うきっかけになると思います。

ジャムセッション編

セッションバーに行く前に
ホストがどういう方なのか
事前に軽く調べてもいいでしょう。

そしてバーでは
コミュニケーションを取ることを第一に考えて動きます。

自分が演奏できる曲は
定番曲を1曲ないし2曲もあれば十分です。

(僕が初めてソエジマくんの初心者ジャムに行った時
isn’t she lovelyとcissy strutしか弾けなかったですw
しかもテーマメロディはうろ覚えでバッキングだけ。。。)

ステージに上がる時降りる時は
ひとこと声かけ。
サウンドチェックもありますから
大きめの声で
「よろしくお願いします」
「ありがとうございました」
ちゃんと目を見て伝えることです。

それで返ってこない人(有名なホストプレーヤーでもたまにいる)とは
時間の無駄なので二度と話しかけなくていいです。

演奏面でのアドバイスは
例えアドリブソロが上手くなくてもいいので
オススメはバッキングの時に
人の演奏を聴きまくって観察しまくること。
お客さんの反応もよく見ること。

ステージから降りてからも
人の演奏をしっかり聞いて
「あの人は何の楽器でどういう演奏をしてた」
「この人とは一緒に演奏出来なかったけど
良いグルーヴしてたな」
「笑顔がいい人だった」「声が良かった」…などなど
何でもいいので覚えておきます。

ネガティヴな部分は印象的なので覚えやすいですが
忘れるようにしましょう笑

だいたい、セッションバーは休憩時間があります。
その休憩時間こそが重要なコミュニケーションタイムです。

隙あらば人のこと褒めまくります。
褒められて嫌な気持ちになる人はいませんから
それがきっかけでだいたいの人と仲良くなれると思います。
仲良くなれそうな人には名刺を渡すと
覚えてもらえる可能性も高まります。

間違ってもセッションバーの隅で
フレーズ練習とかしてちゃダメですよ。笑
修行&反省会は家でやりましょう。

こうして
コミュニケーション能力の高い人と繋がりがひとつできると
その人を中心とした繋がりがまた広がることがあります。
これを繰り返していけば
そのセッション界隈でのあなたの認知度は高くなっていき、

次第に向こうからジャムイベントに誘ってくれたり
あなたの力を評価してくれる人なら
ホストプレーヤーの急遽代役として呼ばれることもあるかもしれません。

また、セッションバーやセッション自体が初心者のうちは
分からないことを聞きまくればいいです。

ググレカスと言わんばかりに
超絶塩対応する人もいれば
丁寧に教えてくれたり
アドバイスをもらえたりもします。

そういう人と人とのトークセッションをも、楽しむことができれば
その夜はきっと素敵な夜になるでしょう。

僕の場合の話

ここから僕の自分語りをさせていただきますね。

僕はツイッターが
30秒の動画投稿ができるようになったばかりの
初期のころから演奏動画を上げてました。
(ちなみにvineはやってなかったです。)

そのおかげか、早い段階から
僕のことを認知してくださってる
ツイッターギタリストの方はいらっしゃったようです。

また今年はYouTube活動を頑張る中で
繋がったYouTuberの方がたくさんいます。
音楽系の方もいればそうではない
別ジャンルの方もいらっしゃいます。

こうしてお悩み相談を受けることでも繋がったフォロワーさんもいます。

まとめ

演奏でも情報でも
「誰かのためになる発信活動」
決して無駄にならないので
プロ活動をされているのであれば
なおさら積極的にやるべきです。

これらは全て
あなたの自己承認欲求を満たすためではなく
あなたの存在を誰か他の人に認知してもらうための
活動なのです。

そしてあらかじめ認知してもらっていると
コミュニケーションはさらに取りやすく
信用関係も築きやすいです。

ぜひ発信活動をやってみて、
そして継続してみてください。(結局、これが難しい!)

最後に
今日紹介させていただいた質問とそのツイートへを貼っておきますね!
もしこのツイートが良い!と感じた方はフォローとRTをぜひお願いします!(^ ^)

最短距離でギター上達したい場合、直接習うのが一番です。
【あなたに合ったギターレッスン♪詳細はコチラ】

溝下優也って誰?そんなあなたには・・・

いつでも無料で受けられるギターレッスン動画がYouTubeにありますよ。
Zギターチャンネルの登録もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です