【オススメ】Limetone AudioのVolume Pedalのレビュー【ボリュームペダル】

Limetone Audio さんのボリュームペダルを試奏もせず買っちゃいました。

…なぜボリュームペダルを購入したのかについてはこちら

【足元切り替え派】バンドにおけるエレキギターの音量の決め方【手元調整派】

 

知り合いのギタリストさんのTwitterをみていたらこんなツイートがリツイートされていました。

新製品!新ブランド!

「これは今、なにかを始めようとしている僕にぴったりのペダルかもしれない!」

おもいたったら即行動を東京にきてからのモットーとしている僕は即注文しました。

そう、

Limetone Audio さんのボリュームペダルは「BOSSのモディファイ(改造)モデル 」なんですね。
BOSSといえばエフェクター界のコカコーラ、カップヌードル的な存在のブランドです。
プロのエフェクターボードにも一つは入ってるんではないでしょうか。とても耐久性に優れていることでも有名です。

↓僕のボードにも入っています。↓ さっそく組み込んでみました。

足下の機材解説をしておくと

[バッファー代わり] Xotic SPコンプレッサー

[歪み] One Control Strawberry Red Over Drive

[ワウ] AMT の WH-1 Japanese Girl Wah

[ボリュームペダル] Limetone Audio LTV-30L

[リバーブ] BOSS RV-6

[アンプ] Fender Super Champ x2 ch1

エフェクターのつなぎ方や順番はここでは詳しく説明しませんが、
僕の持ってるエフェクターがたまたまトゥルーバイパス仕様のエフェクターで
ボリュームペダルがローインピーダンス仕様だったので
何かエフェクターを掛けっぱなしにしてローインピーダンス化しなければ正常動作しないと気づき、
急遽使ってなかったSPコンプレッサーをつなぎました。(難しい話でゴメンね)
もちろんコンプ量は0でボリューム回路だけ通してます。

SPコンプは音抜けとコンプレッションとの兼ね合いで少し高音が持ち上がる仕様になっているのか
つないだだけで嫌みなく音に張りが出た感じがしました。思わぬ偶然の産物。

軽くデモ演奏動画を作ってみました。

いかがでしょうか。

ただボリュームを上げ下げするだけのペダルにどこまでお金をかけられるか…

それは人それぞれかもしれませんが僕は今年イチ買ってよかった機材だと感じてます。

7月8月はライブをするのでこちらのペダル、活用させていただこうと思っております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA