【足元切替派】バンドにおけるエレキギターの音量の変え方【手元調整派】

こんばんは。ギタリストの溝下優也です。

いきなりですが、僕は
「ギターがうるさくてボーカルの声が聞こえない」
バンドが嫌いです。。。

 

僕はポップスバンドが好きなのでこの考え方はジャンルにもよるんでしょうけれど、、、
ギターソロ以外でそんなに音量上げる必要あるかなーって思っちゃうんですよね。
(※もちろんギターの音量がデカくても歌の邪魔をしない素晴らしいギタリストさんもいらっしゃいます!)

そんな僕の、ギターの音作りで音量に関して意識してる点と最近のスタイルの変化について書いていきたいと思います。

エレキギターの音色と音量について

エレキギターの音色をすごーーーーーくざっくり分けると
バッキング(いわゆる伴奏)」なのか「ソロ」なのかの2種類あり、
そのなかでも「歪<ひず>んでいる」か「クリーン(歪んでいない)」か

と分けることが出来ます。
(ちなみにぼくはクリーンでソロをとることはあまりないです。)

歪んでいるときとクリーンなときでは
音量感が全然違うし歪ませ具合やイコライザーの具合によっても変わってくるので
初心者は戸惑うことになります。

っていうか
僕も「これ音でかすぎないスか?大丈夫すかねー?」
みたいな確認をすることはしょっちゅうあります。。。

人間、歪んだ音は大きく感じますがアンサンブルの中では引っ込んで聞こえますし
クリーンな音はその反対に抜けすぎて目立つため
リバーブやコンプレッサーでバンドサウンドに馴染ませたりという工夫が必要だったりします。

 

重要なのはそのセクションごとの音量切り替えの方法です。

大きく2つあると思っています。

足下切替派と手元調節派
です。
どちらがいいとか言う話ではなくスタイルの違いで、どちらにもメリット・デメリットがあります。

【足元切替派】あらかじめ複数決めた音量設定を足下のスイッチでかっちり切り替えていくスタイル

アンプでは歪ませずにクリーンの音を作ってからエフェクターで音作りします。
歪みAでバッキング用の歪みを作り、
歪みBもしくはブースターをONにしてさらに音量と歪みをプラスするやり方ですね。
バンドマンの方はこのやり方が多いのではないでしょうか。
スイッチャーで二つの歪みエフェクターを切り替える方法もありますね。(余談ですが…僕の兄はそうしてます。)

エフェクターボードが大きかろうが小さかろうが基本はこれかなと思います。

こっち派の人はギターのボリューム、トーンはMAXで音作りしていくことが多いですね。

あとアンプにはチャンネルが複数ついてるものがあって
それ自体で歪みとクリーンとソロ用の音色をセーブして切り替えられるものもありますね
そういった場合もフットスイッチで切り替えることになると思います。

メリットは、音色切り替えが楽、アンプが備え付けのものでもお気に入りのペダルで歪ませるのでナントカなる
デメリットは機材がおおくなる、スイッチングシステムをくまないと多くのペダルを一度にコントロールできない
などでしょうか。

【手元調整派】ギター本体についてるボリュームやトーンを手元で調整して音量を変化させていくスタイル

アンプや歪みエフェクターのゲインを高めに設定しておいて
ギターのボリュームをしぼることで歪み量の調整を手元でやるやり方です。

セッションバーなどによく行く人はこのやり方に慣れてる気がしますね。
バッキングでは少ししぼった音にしておいてソロのときだけフルアップにするわけです。

メリットは、表現力が幅広くなる。機材が少し減らせる。
デメリットは、慣れないと下げすぎたり上げすぎたりしてしまう可能性がある。演奏しながらのコントロールが難しい。
などでしょうか。

足下でも調節派?!

最近の僕はボリュームペダルを導入しまして、足下でも調節するスタイル を目指しております。
アンプ側はソロを弾くときの音量レベルに設定しておいて歪みエフェクターで歪ませ、そのあとボリュームペダルで絞ってバッキングを弾きます。
そうすることによってハイゲインでもボリュームを落としてバッキングしたり、
ソロを弾く時もブースターを踏まなくてもそのままペダルを踏み込めば音量を上げることが出来るからです。
クランチにしたければギター側のボリュームを絞ればいい。そのままソロを弾きたければペダル側だけを踏み込めばいい。

おかげでエフェクターボードの歪みペダル・ブースターを減らすことができました。
(その分演奏中に考えることは増えましたが・・・。頑張って慣らしていこうと思います)

最近買ったおすすめのボリュームペダルはこちら

【オススメ】Limetone AudioのVolume Pedalのレビュー【ボリュームペダル】

 



最短距離でギター上達したい場合、習うのが一番。
【あなたに合ったギターレッスン♪詳細はコチラ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA