【2018/1/24】 京太朗と晴彦 ワンマンライブ 【@焼津文化会館小ホール】

新年あけまして・・・

ってもう1ヶ月経っとる?!

 

こんちは!ギタリストの溝下優也です。

とうとう月一更新でもなくなってしまったぞ。この半放置ブログ。。。 今年は更新しまっせ!

 

ライブで静岡県焼津市へ行って参りました!

もう先月のことになりますが、1月24日に焼津文化会館さんで
京太朗と晴彦@kyotarochan 】さんの昼夜2ステージ構成のワンマンライブがあり、
サポートメンバー(Gt. & Ba. & Banjo.)として参加させていただきました。

交通費支給、ホテル(朝食付き)も用意されているというVIP待遇。
こんなありがたいもてなしを受けることなど、今後はないんじゃないかと思います。笑

焼津文化会館さん、本当にありがとうございました✨

 

前日

22日のお昼ごろから降り始めた雪が積もり積もって
東名高速道路も規制がかかってしまいどうなるのかと思いましたが…

東京で積雪20cm超え 2014年以来4年ぶりの記録

出発する18時頃には通れるようになってました🌱

21半ごろ焼津市到着、ホテルにチェックイン。

そして・・・

ホテルの最寄りの居酒屋「ふくろう」さんで前日呑み🍻

 

(ドラムス・菅野さんのツイッターに写るキーボーディスト内倉健吾氏)

当日

朝10時ホール入り。

ひ、広い。。。

 

でもやることはいつも通りです🌱

 

エレキギターはVG KTR-ES

ベースはLAKE LANDのジャズベース

バンジョーはBLANTONのギターバンジョー

を使いました!

☆セッティング☆

【ギター】

xotic SPコンプレッサー

ワンコントロール SROD

zoom マルチストンプ MS-50G

Limetone Audio LTV-30 LED付ボリュームペダル
→KORGチューナー

BOSS RV-6 リバーヴ

会場のDIボックス

 

【ベース】

zoom マルチストンプ MS-100BT

会場のDIボックス

※アンプは使ってません。


打ち合わせの様子。

 

 

本番

音がめちゃくちゃ良い!スタッフさんが常駐でいてくれて
リハから本番までめちゃくちゃやりやすかったです。

 

ちょっと機材的なことを言うと
足下で完全に音を作り込んでから直接信号を送って
そのまま足下のスピーカーへ音を返してもらっているので
ステージ中音と外音のイメージが違うということがなく、
ピッキング一つ一つのニュアンスがモニタリングできました。

大音量を必要とするロックバンドだとこの方法は難しいかもしれませんが
ポップスバンドなら小音量ですむ上、どこでも同じ環境で演奏できるので
このシステムはやりやすいですね✨

このライブの様子の一部を
現在放送中の京太朗と晴彦&拝郷メイコさんのラジオ
「K-mix ミドラン」で聴けます♪ 2/5まで!

ライブ後

館長さんより手ぬぐいを頂きました!


ふくろうさんのサイトはこちら

次、焼津に行く際はまた呑みに行きたいなあ。


 

無事帰宅、お疲れさまでした〜!

 

溝下優也、今後の活動

2月以降、レッスンと制作作業に力を入れていきます!

レッスン詳細はコチラ!
生徒🔰まだまだ募集しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA