(最終更新日 2019年5月4日)

こんにちは!
ギタリストの溝下優也です。

あなたはギターを弾いていて
こんな風に感じたことはありませんか。

  • 楽譜通りに演奏しているのになぜかCDの様なギターが弾けない
  • 日本人だからリズム感が悪い
  • ソロは弾けるのにカッティングが苦手だ
  • バンドのドラマーやベーシストと音を合わせても心地よくない

そんなあなたに

ぴったりのレッスンコースを開講しました!

本レッスンは「カッティングの上達」にテーマを絞ったパッケージレッスンです。

全6回のリズムトレーニング&カッティングマスターコース
(そもそものリズム感に自信の無い方向け)

全4回のカッティングマスターコー
(ある程度弾けるけれどどのように改善したら良くなるのか分からない方向け)

今回、この2つのコースをご用意しました。

これらは通常のレッスンとは違い
テーマをしぼって短期集中で改善を目指すレッスンとなっています!
最低月2回は受講できる方に限定させていただいております。)

 

Q.カッティングが上手くなるにはリズム感がないとだめ?

安心してください。
「ギターの演奏テクニック」と「人が持つ根本的なリズム感覚」
は実は別のものなのです。
その点を理解せず進むと何年かかっても
一向に上手くならないということになってしまいます。
演奏技術とリズム感、それぞれの方の学習レベルにあった
適切な練習で鍛えていくことができます。

Q.本当にリズム感を鍛えることは出来るの?

出来ます。
まず講師である私、溝下自身が元々リズム感が良い方ではありませんでした。
学生時代、リズム感が悪かったためだけに
音楽の成績を「2」にされてしまった苦い経歴を持っています。笑

(しかもそれはギターを始めて3年ほど経った頃の話です。。。涙)

2014年シンガーソングライターとして音楽活動を始めた当初も
先輩ドラマーやバンドメンバーにもリズムがズレる癖を指摘されてきました。
そんな僕がたった数年で(これを書いているのは2019年)
今では同業のギタリストからも評価される
「カッティングが上手いギタリスト」
に成長することができたのは
とてもシンプルなこと。適切な練習のやり方を学んだからです。

そしてそれは意外なことに
プロミュージシャンでも気付いていないものだったのです。

 

Q.手が小さくてミュート等ができません。

大丈夫です。
溝下も手は小さい方です。
(参考までに…
一番長い中指が付け根から7cmほど。短い小指で6cm。
手首から中指の先までは17cmほどしかありません。
嫁さんの手とほぼ同じくらいの大きさです。笑

あなたにはあなたにあった演奏方法が必ずあります。
ギターを演奏する上で本当に重要なことは手の大きさではなく
柔軟性や筋肉の使い方、そしてフォームなのです。

そして「ミュート」はシンプルなことですが
意外と難しい技術なのです。

当レッスンでは
①出音が綺麗で
②長時間の演奏でも体に負担をかけず
③弾きやすい
そんなフォームをレッスンしております。

 

Q.月一回しかレッスンを受けられないのですが・・・

そんな方には通常のレッスンをお勧めしております。

通常レッスンの詳細を確認する

最後に

ここまで読んでいただき
ありがとうございます。
ギターを楽しく弾くのは大切なことです。
それが出来ているあなたは
すでにギターの才能をお持ちです。

それならば是非、僕のレッスンを受けて
もうワンランク、ツーランク上の演奏を楽しんでみませんか?
周りも楽しませられるリズム感、演奏が身について
セッションでもバンドでも人気になれるかもしれませんよ!

申し込みフォームはこちらから!

 


今すぐレッスンを受けたい方はコチラへ!